消費者金融金利

消費者金融金利の考え方

消費者金融の金利は高いのか?低いのか?最初に借りる人はきっと高いだろうと思っているでしょう。しかし、消費者金融の金利とは、金利だけで見るのではなく、利便性やサービスを全て見たうえで考えてほしいのです。

 

一般的に有名な消費者金融の金利を下の表に書いてみました。

大手有名消費者金融の金利(実質年率)

消費者金融

金利(実質年率)

限度額

公式サイトリンク

プロミス

4.5%〜17.8%

1〜500万円

プロミス公式サイト

新生銀行グループ ノーローン

4.9%〜18.0%

最高300万円

ノーローン公式サイト

モビット

4.8%〜18.0%

最高500万円

モビット公式サイト

アコム

4.7%〜18.0%

最高500万円

アコム公式サイト

アイフル

4.5%〜18.0%

最高500万円

アイフル公式サイト

この金利表だけ見れば、銀行に今預金をしても1%も利息がもらえない時代に高すぎる!と言う人が多いと思いますが、これはあくまで年率による金利なのです。

 

例えば、アコムから10万円借りて、1年後に返す契約であれば、金利は18.0%の為、18,000円の利息が付きます。しかし、実際には返済は毎月最低返済金額を支払う契約となっているので、1年で18,000円もの利息は付かないのです。

 

消費者金融無利息サービス

なぜなら、利息は元金に対してかかるものであり、毎月返済することで、元金は減っていきますよね?ですから、返済のみしている場合は、毎月利息は徐々に少なくなってくるのです。

 

又、必ずしも全ての人が年間を通して返済するわけでは無く、1ヶ月しか利用しない人、2か月しか利用しない人、それは人それぞれです。もし、1〜2か月しか利用しないのであれば、プロミスの30日間無利息サービスを使えば、1ヶ月は金利0%で借りることができるのです。(プロミスの30日間無利息サービスはメールアドレス登録と、WEB利用明細登録が必要です。)

消費者金融の金利は10万円借りても1か月1,479円

消費者金融金利

消費者金融から例えば10万円を金利18%で借りた場合、1か月(30日間)の利息は1,479円です。これが高いか、低いかは、人によって違うと思いますが、仮に友人や知人から10万円を1か月間借りた場合、貸してくれたお礼として10万円に多少色を付けて返すことはよくあることです。

 

すぐに10万円という大金を貸してくれた感謝の意として、105,000円で返したり、11万円で返す人もいるでしょう。それはお金を借りれたからこそ、できた何かがある。借りられたからこそ、今の自分がいるなどと、必ずその人にとって10万円をいうお金を貸してくれたことは非常にありがたいことなのです。

 

これを消費者金融に変えて考えてみてください。消費者金融では10万円を借りて、1か月後に返したとしても利息は1,479円だけです。これ以上の利息を徴収すれば、消費者金融会社は法律違反となり罰せられてしまいます。

 

友人・知人に借りた時、1か月間貸してくれたお礼として、105,000円で返すことは消費者金融会社にとっては高金利となって刑罰になってしまうのです。しかも消費者金融会社は、その利息収入から、銀行への返済や、家賃、従業員の給料、システムコストなど全てを支払っています。そして必ずしも貸したお金は100%の確率で返ってくるわけではありません。

 

消費者金融の会員サービスの充実

お金を借りてそのまま返さない人もある一定割合は必ず発生するわけです。そう考えた場合、消費者金融の金利と言うのは、全てを含めて考えれば、決して高いものではありません。尚且つ、30日間無利息サービスがある会社であれば、30日間であれば、無利子で貸してくれるのです。消費者金融とは、庶民金融として必ずいつの時代にも必要な存在だと思います。

 

初対面の人にわずか30分の審査で信用してお金を貸してくれる。そして返済や借入などは提携の金融機関やコンビニATMでいつでもできる利便性。この総合的な判断で消費者金融の金利を考えて頂ければ、きっと答えは違ったものになるのではないでしょうか?

 

今すぐ借りたい人は必見!消費者金融金利ランキング!

消費者金融金利ランキング!

>>消費者金融おすすめランキングはこちらをクリック!<<