総量規制対象外 消費者金融

総量規制対象外の消費者金融とは?

総量規制対象外の消費者金融とは?

2010年に総量規制ができて、消費者金融からの借入は年収の3分の1までとなりました。この総量規制は全ての国民を一律に線引きして、年収の3分の1までと決めていますが、総量規制があるなかで、年収3分の1以上借りることはできるのか?

 

総量規制とは貸金業者に対する規制になるので、消費者金融はもちろん、クレジット会社や信販会社のキャッシングも該当することになります。

銀行カードローンは総量規制対象外!

銀行カードローンは総量規制対象外!

そんな中、銀行カードローンは総量規制対象外となり、年収3分の1の1規制がありません。なぜ銀行カードローンは総量規制が関係ないのか?疑問に思う人も多いはずです。

 

それは、なぜなら銀行だからです!!

 

銀行は貸金業者ではありません。お金を預け入れできる金融機関の為、ノンバンクの貸金業者とはレベルが違うと言っているのです。

 

総量規制は多重債務者を減らす事を目的として施行となりましたが、お国が言う多重債務者とは、消費者金融などのサラ金から金利が高いローンを組んでいる人の事を言うようです(笑)

 

銀行がなぜ総量規制対象外になったのか。それは金利が低いかららしいです。。。

 

消費者金融は金利が高いから多重債務者になる。銀行は金利が低いから多重債務者にならないとは、バカげた話です。

 

現実、今の銀行カードローンは総量規制対象外のことのあり、人気となっていますが、金利は消費者金融と比べて2〜3%程度しか低くなっていません。

 

銀行カードローンの中でも、消費者金融と同じ金利で貸しているカードローンもあるのです。

 

同じ金利で貸しているのに、消費者金融は年収による規制があって、銀行は規制が無いとか意味が分かりませんよね。

 

結局、いつも規制が厳しくなるのは、サラ金やパチンコ、風俗など、規制を厳しくしても世論が味方してくれる業種だけなのです。

 

消費者金融も全盛期はかなりの利益をだし、ゴールデンタイムのテレビCMなどは、ほとんどが消費者金融の時代もありましたw

 

日本の風潮は儲けすぎということをあまり良く見ません。会社の企業努力で多くの利益を生んだとしてお、儲けすぎは良くないとなぜか叩かれるのです。

 

消費者金融は高金利で儲けすぎと叩かれ、世論の風はますます冷たくなった過去があります。

 

儲けた分だけ、税金を払っていることから、本来は多く社会貢献していると見られるべきなのですが、どうも日本は金儲けが嫌いみたいです。

 

以前、テレビを見ていて、子供に教えたいお金の教育?みたいな番組でしたが、どこかの社長さんが「金儲けは正義である」と言っていました。

 

お金を稼ぐことはそれだけ税金を払い、社会貢献しているのだから、悪いことは何もないと言う理論です。

 

まさにその通りで、「お金儲けは正義」なのです。


総量規制対象外の消費者金融はありません!

話がそれましたが、総量規制対象外の消費者金融はあるのか?と聞かれますが、総量規制対象外の消費者金融はありません!

 

消費者金融は貸金業者ですので、必ず総量規制が適用されます。しかし、総量規制例外貸付や、総量規制除外貸付など、年収3分の1を超えても貸付できる条項はあるのです。

今すぐ借りたい人は必見!消費者金融金利ランキング!

消費者金融金利ランキング!

>>消費者金融おすすめランキングはこちらをクリック!<<